アフィリエイトで稼げない人

こんにちは近藤です。

さて今日はド直球にあなたがサイトアフィリで成功するまでの道筋について記しておきたいと思います。


もしあなたが

「もう楽に月50万ぐらい稼いでるよ?」

という場合は参考にならないかもしれませんが、とりあえず月10とか30とかを目指している人には参考になるのではないかなと思います。


そうそう、弊社でもインフォトップのアフィリエイトをしている関係で、販売者からしょっちゅうメールが届きます。


で、内容はというと何年も前から変わらず、

重要です!
売れてます!
○○円稼いでいる人がいます!

といった感じです。


重要なのはお前にとってだろ?

といっつも思いますが笑、

その商品が売れてようが、その商品を買って実際に稼いでいる人がいようが、問題はその10倍は稼げてない人がいるという事実です。

アフィリエイトでも。
FXでも。
せどりでも。



やっぱり稼げるのは一握り


一昔前ならアフィリで月50万ならすげーだったと思うんですが、最近は違うようで。

月200万、300万は当たり前。

稼げる人は1000万稼いでますよ?的な話が増えましたよね。


で、落ち着いて考えてみればわかるんですが、仮に月100万でも稼いでいれば、

年間1200万です。

20代男性の平均年収が300万前後のこの時代。

運よく順調に上がって30代で450万、40代で500万、50代で600万、女性の場合はここから2、3割ぐらい引いた金額が平均なわけです。

(国税庁調べ)


そう考えればいくら事業所得、年商1200万だとしても、世間一般で見ると、稼いでいる方といえるでしょう。

利益率が高いので上手にやれば7、8割は手元に残せるビジネスですし。


実際、社会で毎年昇給するのも一部の会社ですもんね。

最近は、ボーナスは出ない。
昇給はない。
挙句の果てにカット。


相変わらず、よく聞くのはそんな話ばかり。


さらには4月から税金は上がり、保険料もあがる。

しかも安倍氏は

配偶者控除
第3号被保険者制度

の見直しを検討してましたよね?確か。


消費税が8%になるだけでも家庭持ちには年間10万ぐらいの負担が増えているわけです。

そこに控除枠廃止、3号廃止なんてなった日には暮らしていけない!という家庭も中にはあることでしょう。

実質、負担は10万では効かないでしょうから。



10万円入った財布を落とした!

という時に人が、どれだけ必死こいてそれを探すかを考えれば、何もしないでもそれと同じだけ持っていかれるわけです。

毎年、毎年。

そう考えれば、決して人事じゃないことはわかるはずです。



だからアフィリで稼ぎたい!

そう思って日々作業をしている人も少なくないでしょう。


ただ、どうでしょう?

目に見えて成果は増えていってますでしょうか?


そう聞くと、決してそんな人ばかりなはずもないわけで。

それこそ使い古された言い方で、

「アフィリで月1万円稼げるのは5%ぐらいの人だ」

なんて話がありますが、それが言われだした7、8年前から見て状況が大きく変わった現在においても、やっぱり稼げる人もいれば稼げない人もいる。


そしてどう考えても一部の稼げる人に隠れてその何十倍もの稼げない人がいる。

これが事実ではないでしょうか。


「じゃぁそんな中であなたがどうやって成功していくのか?」


と言う話ですが、それは、SEOやキーワード、サイト作りを学ぶことではなく。

結果を出すまでの道筋を知り、その通り作業を続けることだと思うんですね。



成功するまでの道筋


例えば学生時代。

私は中学時代サッカー部だったんですが、毎日7時からの朝練。

放課後の練習。

土日の試合と今、思えば、よくまぁそんなハードなことやってたよねと思うような生活をしてました。


今の子も例に漏れず同じように頑張っていると思いますが、試合で勝つことを成功とした場合。

そこにたどり着く道筋は大体決まっています。


それは

・技術
・フィジカル
・センス、経験

これらを学ぶことです。


技術とはトラップやシュート、パスなどの技術的な問題。

フィジカルとは身体的、肉体的な意味合いで、運動神経や筋肉量、体力などの話です。


センスとはそのままでサッカーにおけるセンスです。

試合中にどこにパスを出すかとか、シュートするとか、そういった瞬間的な判断などサッカーセンスが問われる部分ですね。

こういった面を日々の練習の中で鍛えていくことで試合に勝つことができるようになります。


勿論、これは部活動レベルの話です。

そこから上のステージに行くのであれば、より高度な技術やフィジカル、センスが必要なのは言うまでもありません。


とはいえ、

一般的に物事で上達する道筋と言うのは大差ありません。

そしてこれはアフィリエイトにも同じことが言えます。



サイトアフィリにおいては?


サイトアフィリの場合、結果を出すまでの道筋としては、

・サイト作成の技術
・キーワードセンス、案件の人脈、SEOの経験


これらを作業していく中で掴み取っていく必要があります。


サイト作成の技術というのは例えば、

HTML、CSSの触り方
サーバーの管理
ドメインの設定
WPのインストール
キーワード選定
SEO
案件の選び方


などのサイト作成の基本を指しています。


そしてキーワードのセンスとは上位表示しやすいキーワード。

成約しやすいキーワードなど稼ぎやすいキーワードを見つけ出すセンスです。


案件の人脈とはサイトアフィリの場合は、ASPとの付き合い方。

販売者との付き合い方になるでしょうか。

そしてSEOの経験です。


こういったものを作業していく中で学んでいく必要があるわけです。


ワードプレスのインストールはこうやるんだ。

スマホサイトも同時に作った方が報酬が伸びるんだ。

こんな記事を書けば成約率が上がるんだ。

こういったことを作業しながら学んでいくわけですね。


そしてそれを続けていくことで、サイト作成の経験、文章作成の経験、人脈、SEOの経験値が溜まっていきます。


そうやってあるときに報酬が一気に伸びます。

ある日、何かがあたって突然、20万、30万となるわけです。


逆に言えばここまでは報酬は殆どゼロかもしれません。

だから、その間に、やめてしまう人もいるでしょうし、やるべき作業を殆どしないで楽なことばかりする人もいるでしょう。


そしてその結果。

稼げるまでに時間が掛かる人というのが出てきます。



稼げるまでに時間が掛かる人


そうそう1つ思い出しました。

実は前々から「ん?」と思ってたことがあるんですが、アフィリやFXの報酬がインフレしている中。

俺はこんだけ稼いでいるんだ。

稼げてないあんたはバカじゃないの?

という書き方をしているサイトをよく見るようになりました。



逆に聞こう。

稼いでいることはそんなに偉いのか?と言う話です。


確かに税金は多く払ってるのかもしれませんが、それなら長者番付に乗ってる人が一番偉いということになります。


以前、年商数百億の社長さんに会う機会がありましたが、腰の低い、普通のおじさんでしたよ笑


確かに見た目は歳の割には若く、エネルギッシュだったのを覚えていますが、

「それ面白そうだよね」

と物事を否定せず。

年下の社員の話やバイトの話に熱心に耳を傾けていました。


当然、お金がない人を馬鹿にしたりしませんし、稼げない人をバカにしたりはしません。

だって誰だってそんな時期を経験するんですから。


人生いいときもあれば、悪いときもあるわけで、たまたま、いいときに

ほら?
金稼ぎなんて簡単だろ?

と言ってた人が今どうなってるか。

考えたらわかりそうなもんです。

————————–

良い時も、悪い時も同じ態度で接してくれた人だけ信じられんだ、

そういう人と一生つきあっていきたい。

————————–

と言ったのは元、中日の落合博満ですが、月並みな言い方になりますが、生きていく上でお金より大切なものは色々あると言うことですよね。


そしてまた、

それを守るためにもやはりお金が必要なわけですね。


と言うことで、残念ながらアフィリで稼ぐまで時間が掛かる人がいる。

そういう話でした。


さらっといえば、それは継続できない人です。


いやまぁ考えてみれば当たり前の話で、私に限らずアフィリエイトでそれなりの成果を上げている人が皆、言う言葉に、

「継続して作業してください」

と言うのがあります。

で、この継続的にというのはSEO的な意味において、非常に重要な要素なので、これができない人は稼ぎが遠くなります。


つまり、サイトのアフィリエイトには向いてないってことです。


例えば、昨今のSEOの王道としては、

・人に読まれるコンテンツを書いたメインサイトを作る
・サテライトからリンクを張る
・サテライトにリンクを張る
・サテライトも更新する


と言うのが基本ですが、この作業をしていく上で、メインサイトは一生懸命、作ったとしても、サテライトへのリンク。

サテライトの更新。

こういった作業を怠ってしまう人がいます。


最近のグーグルは本当に賢くて、記事の内容を読んでいい悪いを判断してるんじゃない?

と思うぐらい、コンテンツをしっかり作って更新していけば、上位に来るわけですが、そうは言ってもやっぱりリンクは重要です。


そのリンク張りの作業。

サテライトの更新作業。

このあたりをどうしても途中でやめてしまうみたいです。


結果的にあと一息で上位に出てたかもしれないのに、作業をやめるから、順位は上がらない。

ある一定期間、維持した後、下がってしまう。

で、報酬も思ったほど伸びずに横ばいから減少していく。


そうなります。

それもこれも途中でやめてしまったからですね。



成果を出す人はただ続ける人


一方、半年や1年かけて地道にサイトを更新し続けて成果を出す人もいるわけです。

そういう人は最初から報酬なんて出るわけないと思って、ただただ只管にサイトを更新し、リンクを張り。

半年後、偶然、何かのキーワードが当たってアクセスが激増して報酬が増える。

そんなケースが大半です。


勿論、最初からそのキーワードが当たることがわかっていれば、そのワードでサイトを作ればいいんですが、

更新し続けたことで偶然見つけたなんてことはザラあるわけですから、そう考えてもサイトに記事を足していくことがどれだけ大切かわかるでしょう。


つまり、結局は持続継続が全てだよねと言う話になるわけです。



結局、それしかない


ダイエットにせよ。
健康管理にせよ。

年1回の健康診断の後だけ気をつけてても仕方ないんですね。

言うまでもなく大事なのは日々の過ごし方です。


にも拘らず、症状を改善する魔法を見つけたかのようにサプリを買う。

良くも悪くもこれが日本人です。


いいですか。

アフィリおいてそんな方法はありません。

仮にあったとしても、あなたがそれを手にする頃には二次情報、三次情報で、既に使えないレベルです。


だから、結局のところは正しいやり方を知り、それを続けていく以外の方法はないんですね。


是非是非、意味わからないものを買うぐらいなら、そのお金をドメインとサーバーと記事。

そしてあなた自身に投資してください。

その経験値だけがあなたの本当の力になりますので。


ありがとうございました。

近藤


追伸

どうでしょう?

たまには国会中継とか見てますか?

そんな暇はない!

と思うかもしれませんが、いやいや意外と面白いんですよ笑。

ほんと。


時間があれば是非YOUTUBEとかで国会中継と検索してみてみればわかりますが、

そんな立って座ってする必要ある?
何で台本棒読みなんだろう?
何で寝てるの?

などなど。


これが私たちの国のトップに立つ人たちなんですから、まぁ笑うしかないわけです。

勿論、文句を言うならお前がやれという話なのもわかるんですが、この人たちに私たちの税金が行ってることを考えると、

もうちょっと頑張って欲しいと思う今日この頃でした。


SEOアフィリエイトに関する無料メルマガを出しています

このブログに書いているレベルの内容をメルマガで出していますのでよかったらご登録下さい。

登録は無料です。

メルマガ(ニュースレター)では以下のようなことを知ることが可能です。

  • SEOの情報
  • アフィリエイトで月100万以上を稼ぐコツやポイント
  • 外注、スタッフについて
  • 稼げるジャンルなど

登録したら「毎日、毎日、何かの商品を売り込まれる」そんな内容にはなっていないので笑、興味があればどうぞ。

尚、今登録されたら3つのものもあわせて受け取れます


  • サイトで使えるイラスト(20イラスト)
  • 2018年6月現在の繁忙期ジャンル
  • 初心者が参入しない方がいいジャンル

このうち、ジャンル特典は時期を見て削除しますので(移り変わるものなので)

興味があれば今、登録なさってくださいませ。

無料です。

※つまらなければ特典だけ受け取って解除でもOKです。
※役に立たなければ即刻解除が可能です。またスパムメールは送らないことをお約束します。

※残念ながらSEOのアフィリエイトで月1000万以上の方にはあまりお役に立てないかもしれません。)

メルマガ名:近藤武ニュースレター
*メールアドレス(スマホ可能)
*お名前(姓)


(今なら3つの特典も受け取ることが可能です)

1分以内に自動返信メールが届きます。届かない場合は迷惑フォルダ、もしくはメールアドレス打ち間違いの可能性が高いので再度、登録なさってください。

hotmailは海外のメールフィルタのため高確率で迷惑フォルダに入ります。なるべくそれ以外で登録なさってください。

登録は無料です。


読んで役に立ったら

この記事を読んで、

  • 役に立った
  • 何か言いたいことがある

のであれば、

ぜひ、「ツイッター、はてぶ」などでシェアいただけると幸いです。(私たちもツイッターはたまにみています。)

以下をコピペ頂いてもいいですし、


以下のシェアボタンからでも数十秒で可能です。


※ボタンクリックで簡単につぶやきが可能

もちろん、何もなかったらスルーでOKです(笑)