残るサイトを運営したいあなたへ


相変わらず手動ペナが猛威を奮ってますねー

金融
育毛
健康
コスメ
脱毛

とジャンルをずらしながら北上中です笑



昨今の台風のように過ぎて戻ってこないことを
祈るばかりですが、まぁこればっかりは
どうしようもないですね。

作り続ける。

いや載せ替え続けるだけです笑



ところで、

先日よりCワード購入者限定で販売していた
新しいソフトですがやっとこさ準備が
整ったので

11月11日午前10時

より一般販売させて頂きます。



「穴場キーワード収集」

に関するソフトです。



ホワイトでもブラックでも、
関係なく使って頂ける汎用性のあるソフト
になっていますが、

例のごとく先行販売期限があります。

もし、興味があれば早いうちにチェック
いただけますと幸いです。



高いです笑



ということで、さてさて。

唐突に内容に入りますが今日は



これからは残るサイトを運営していこう
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そういう考えがあるのであれば必須の
考えだと思います。



逆に今後も

ペラに毛の生えた程度のホボゴミサイトを量産
していこう!

こういう考えなら大して気にしないでいい内容
になるかなと思います。

(うちもホボゴミサイトです(≧∀≦)

でも狙うキーワードによってはゴミサイトで
も気にしないとダメかもです)



何の話?

ということなんですが、サラッと答えを
書くと

自分のページで検索を終わらせるぐらい
1ページをちゃんと作る

というお話です。




自分のページで検索を終わらせる?


実はこの考えを人から聞いたのは片山と
先日あるセミナーの講師をされていた方の2人
だけなんですが、

端的に言うと

自分のページで検索を終わってもらえるぐらい
満足してもらうページを作るということです。



例えば、あなたが

池袋 待ち合わせ場所

で検索したとしましょう。



そうすると、待ち合わせ場所について書かれた
サイトが何個も出てくると思います。

で、

スマホとかだったらとりあえず1位のサイトを
押すと思うんですね。

そこで

あーココいいね。
見つけやすいし間違えにくそうだし。
ここで待ち合わせよう!

と思ったらそこで検索をやめると思うんですね。



こんな感じで、

どーせちゃんと作るなら、よそで調べなくても
済むぐらいの情報載せようぜ!

再検索して、

他のサイトを見に行かないで済むように
しようぜ!



というのが

「自分のページで検索を終わらせること」

という意味になります。



そしてこの

「検索を終わらせる」
「再検索させない」

というのは昨今の順位に大きく影響している
のではないかと思います。




検索後の4パターン


実際、人が検索した後のパターンとしては

1.調べていることが見つかった
2.書いてあることを参考に他サイトに飛んだ
3.情報が満足できず検索に戻った
4.何かの事情で閉じた

大きく分けるとこの4つに分かれます。



まず、

1.調べていることが見つかった

は、

「池袋 待ち合わせ場所」

で検索して自分にとっていい待ち合わせ場所を
見つけられた状態。

十分満足して検索をやめた状態です。



次に

2.書いてあることを参考に他サイトに飛んだ

は、

「池袋 待ち合わせ場所」で調べたら

カフェで待ち合わせるのもいいですよ!
待ち合わせに便利なカフェはここ!
【外部リンク】

と書いてあって外部リンクを押した状態。

書いてある内容に納得して外部リンクを押した
状態ですね。



次に

3.情報が満足できず検索に戻った

は、

「池袋 待ち合わせ場所」で調べてとりあえず
1サイト見たんだけど

そのサイトでは目的の情報は見つからなかった
ので戻るで検索結果に戻ってきた。

という状態です。

情報には満足できなかったという状態です。



最後の

4.何かの事情で閉じた

は、

電車に乗ってて降りるタイミングが来たので
閉じた。

トイレが終わったので閉じた。

ブラウザが凍ったので閉じた。

など主にやむをえず閉じる場合のパターンです。



検索した後の行動は、

大体、この4つに分類されると思いますが、
なんとなくお気づきのようにグーグルに評価
されるのは

1.調べていることが見つかった
2.書いてあることを参考に他サイトに飛んだ

の2つになると思います。



そして何を持ってその状態を確認しているか
というと、恐らく


検索結果に戻って再度、検索したか否か
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


だと思うんですね(片山説)




そもそも検索結果に戻るということは


ダイエット やり方

と調べて1位のサイトを押す。

でもなんか違うと思って戻るで検索結果に戻る。

そしてなんとなくタイトルが気になった3位の
サイトを押す。

そのページで

「このやり方私にあってるかも!」

と思ったのでブックマークして終わる。



こういう場合は、

3位のサイトで検索が終了しているので
(検索に戻って再検索していないので)

そのサイトがよかったのではないか?

と、評価されているのではという話です。




ここに加えて


検索結果のCTR
滞在時間
PV
スクロール
キーワード

などの要素が組み合わさることで
恐らくリンクの評価がゼロになっても、

順位はつけられそうなのになー

とは言うのは私も片山も共通の意見です。



そしてまた、

こういった情報をある程度、均一化するために
は何ヶ月かの情報が必要。

だからホワイト(コンテンツの評価)は
時間がかかるのかなとも思います。



リスティングやってればわかると思いますが、

時間
曜日
土日祝日

で検索数、検索意欲は全然違いますからね。



そう考えても短期的な数値だけ見て判断したら
ノイズが大きく正確性にかける。

だから3ヶ月とか半年とかのスパンで見て、



その期間で

ページに来た後、検索に戻ったのかどうか。

滞在時間、スクロールはどうなのか。

他のページを見たのか外部サイトに飛んだのか。

こういった複数の要素を組み合わせて
コンテンツの評価をしているのかなと思います。






と、


言うことを考えつつ今日も自動リンクソフトの

(通称クソリンク)

構想を練り続ける片山でした。



それでは今日はこんなところで。

ありがとうございました。

近藤




追伸


今日の内容は一言で言えば、

どうせちゃんと作るなら

もう検索させないぐらいしっかりとした内容で
行こうぜ!

です。



そしていつか、

そういうレベルのサイトばかり並ぶように
なった後は、

誰が
どの切り口で
どんなデザインで
誰に向けて

という書籍と同じようなところの勝負に
なります。



ダイエット本を

タニタ食堂が書くのか
ライザップが書くのか
ローラが書くのか

の違いですね。