グーグルの手動ペナルティ対策、リカバリー


こんにちはAVENTHA.inc/近藤です。

最近、グーグルの手動ペナルティの話で持ちきりですがいかがお過ごしでしょうか?


一応、来た時の対策。

リカバリーの方法のひとつを書いておきますが、はっきり言えばアフィリエイター狙いの事故みたいなものなので、どうしようもない部分もあります。


それも含めてSEOのアフィリエイトってことです。



手動ペナルティが来た?どうする?


グーグルの手動ペナルティで多いのは

低品質コンテンツ
外部リンク


のどっちかだと思いますが、どちらが来たとしても解除は非常に困難です。


具体的には

ウェブマスターツール(WMT)登録
手動メッセージ確認
外部リンクなら該当すると思うものを外す
低品質コンテンツなら頑張ってコンテンツを作り込む
再申請をする
待つ。


の流れを踏みます。


手動ペナルティ 解除

などで検索してもそれっぽいサイトは沢山出てきますので気になれば調べてみるといいですが、

はっきり言ってこれをやるのは、ほぼほぼ時間の無駄です。


何でかって言うと頑張って解除してもリンクがゼロ。

低品質コンテンツの方はコンテンツを挿げ替えるレベルじゃないと解除が困難ですので。


さらに外部リンクペナを解除したら今度は低品質。

なんてのはザラにあります。


時間と労力に見合わないのでさくっとドメインを載せ換えた方が早いですね。



誰がペナルティのチェックをしてるのか?


このあたりは想像の範囲を出ない話ですが、まぁ話半分に聞いてください笑


最近、ほんと手動ペナルティが多いんですが、普通に考えてグーグルの優秀な社員様が1件1件見てチェックしてるでしょうか?

んな暇なわけないないだろ?


と思うわけですが、精鋭ぞろいのグーグルです。

数限りある貴重な社員様がそんな作業に時間を割くはずがない。


ってことは、ペナルティを出しているのは

バイト君
外注さん


のどちらかですよね。

いずれにしてもペナルティを出す一定の基準。

マニュアルがあって然りです。


じゃぁその基準は何なのか?

そう考えればやっていいことと悪いことはある程度は想像できるのではないでしょうか?



やらない方がいいこと


ペナルティを貰わないためには

・WMT登録はしない
・ペナルティを受けたサイトに張っていたサテライトは使いまわさない


このあたりは最低限やっておいた方がいいでしょう。


これまた、色々な情報を集めた想像の範囲ですが、

WMTには持ち点があってこれがある一定以下になるとアカウントペナルティが発動するんじゃないか?

という見解が多いです。


つまり、WMTに登録しているもの全部いかれると。

実際、100以上登録していて9割いかれた話を聞いたのは1人2人じゃありません。


ツイッターで

手動ペナ

で検索するとそんな話題も沢山見つかるでしょう。


そう考えても作ったサイトはWMTには登録しない。

今の時代、リスクだけ増えてメリットはあまりないです。


じゃぁどうやってペナルティが来たか確認すんの?


という話ですが、

これは簡単でGRCなどの順位チェックツールに初期の段階から1サイト3から5語ぐらいのキーワードで登録しておきます。


ペナルティが来たら大体50位ぐらい落ちて、そこからあがらずにそのあたりをうろうろします。

これが1週間ぐらい続けば大体、手動なのでその時点でWMTに登録します。


で、手動が来てたらドメイン乗せかえ。

来てなかったらWMTから即削除です。


うちはこんな感じでチェックしています。

慣れるとWMTに登録しなくても

来たっぽい?

とわかるようになります。


後、手動ペナを受けたサイトへのリンクは面倒でも切った方がいいですね。

そのままにしてるとサテライトのパワーが弱くなる気がします。


どの道、1つのサテライトからあまり沢山リンクを出しすぎても外部リンクペナが来やすい気がするので、1つのサテライトからのリンクは1から10程度が限界でしょうか。

最近うちは10もいかないです。



あなたの資産は何?


手動ペナを貰うと月300万でも10万になりうる話です。

そこまで3年掛かってたら戻すのに3年掛かるのか?

というとそんなことはありません。


その時点で

・特単(ASPとの関係)
・上位表示したら稼げるキーワード


が残ります。


後は中古ドメインのパワーを使って上位表示したら稼げるキーワードに絞って対策をすれば意外と早くリカバリーが可能です。

それこそミドルキーワードなら2、3ヶ月で報酬が戻ることもあるでしょう。

それだけ特単と稼げるキーワードの資産は重要です。


後は実際、稼ぐサイトはそんな多くならないからですね。

100ドメインあって稼ぐのはせいぜい5ドメイン程度。


普通は1割ないはずです。

勿論、残りの95のバックリンクサイトがあってその5ドメインが稼げているわけですが、


仮に手動ペナルティが来たとしても稼げるキーワードと特単があれば

中古ドメインを10個とって、
全部そのワードでサイトを作って、
そこにドメインを載せ換えて、
ダメっぽいのはバックリンクにして。。。


という感じでやれば結構早く戻ります。


というか、

ここ最近の傾向では「どうせ飛ぶんで」という空気間があるので笑

なんか1サイトを一生懸命作るのがアホらしいわけです。


検索者の役に立つ情報を集めた100ページ以上のサイトが一瞬で飛ぶわけです。

そして同じ条件で戻してもらえることはない。

理不尽甚だしい。



1位のサイトはあんなにカスなのに?
なぜそれよりも品質の高いうちのサイトだけ警告がくるの?

低品質っていったい何なんだ?


大体、低品質って失礼ですよね。

いったい何を根拠に何日も掛けて作ったサイトを低品質というのでしょうか?




まぁんなこと言っても始まらないので、それを含めてSEOのアフィリエイトということです。



数日へこんだら、中古ドメインをとってドメインを載せ換えて再出発です。

できることからやりましょう。


ありがとうございました。

AVENTHA.inc/近藤




追伸


ここ数ヶ月の大変動。
今回の手動ペナルティラッシュ。

こういったことがあると少なからずアフィリエイターは退場します。

流行のせどりにいったりとか。


まぁそれはそれでその人の人生なので自由なのですが、退場するということはそのワードの競合が減るということです。


昨日、今日の小さな変動で

むかーし作ったサイトがちょこちょこ上に来てましたが、うちのサイトがあがったのか、

上位が手動で飛んでったのかは正確にはわからないわけです。


1年ずっと1位2位を独占していただったあのサイトとそのサイトが明日手動で飛んでいくかもしれません。

そして自分のサイトが1位に繰り上がっていきなり3倍の報酬になるかも
しれません。


よくわからないけど上位に出て稼げちゃった

なんて話は、それこそ手動で飛ぶ以上にごろごろしてますから、飛んだからっていつまでも気にせずに

どうせ飛ぶよね

という気持ちで作り続けることが大切なのかなと思います。


そう。

どうせ飛ぶんですよ。

鳥のようにバタバタと羽ばたいて大空向かって笑