こんにちは。

近藤です。

前回、

質問はこのメールに返信していただいて
送っていただいて大丈夫です

って書いたせいか質問が沢山来ました。

ありがとうございます。



今回は時間があったので全部にお返事を
出しましたが、

(毎回は無理ですm(_ _)m)

その中に何通か共通の質問があったので、
せっかくの機会なので、

1つご紹介しておきますね。

多分、他の方も気になることだと思うんで。




【よく読まれているバックナンバー】

2017年度バックリンクの張り方
http://aff01.com/?p=295

1語で飛んだ時はどうする?
http://aff01.com/?p=303




でー、あそうそう、

横のスクロールバー見たらわかりますが、
久々にくっそ長いです笑

分割しろよ?

と思うと思いますが先のスケジュールも
ありましてこうなっちゃいました。

すいませんm(_ _)m



途中で、

おトイリィに行きたくなったら止めませんので
どうぞご自由に。

あ、後、

サイフォンでコーヒーでも淹れながら
ゆっくりした時間に読むのもおすすめです。



—————-
初めまして。

○○と申します。

先日のバックリンクの張り方2017
1語で飛んだ時の対処

とても参考になりました。

関連して1点質問なのですが今年頭に
50万ぐらい稼いでいた1位のサイトが
圏外に飛びました。

自分なりに色々対策を練ってみたのですが、
150位ぐらいから戻りません。

手動ペナルティではないと思うのですが、
こういった場合、近藤さんならどのように
されますか?

※適宜改行、句読点を入れています。
—————-



飛んだサイトの対策についてです。

基本的には

前回の1語で飛んだ時とやることは変わらない
のですが他にも幾つか注意点。

気にしたほうがいい点はあるので、
合わせて以下に明記しておきたいと思います。




どんな落ち方をしたのか?


まずGRCなどで複数のワードで何位まで落ちた
のかを確認します。



例えば、

酵素サプリ 1位
酵素サプリ 口コミ 1位
酵素サプリ 口コミ 効果 1位
サイトタイトル 1位

だったのが、

こんな感じで

酵素サプリ 273位
酵素サプリ 口コミ 159位
酵素サプリ 口コミ 効果 55位
サイトタイトル 1位

複数ワードで軒並み下がったのか。

※トップページに順位がついているとする



それとも、

酵素サプリ 221位
酵素サプリ 口コミ 1位
酵素サプリ 口コミ 効果 1位
サイトタイトル 1位

1語だけ下がったのか。



それとも、

酵素サプリ 55位
酵素サプリ 口コミ 59位
酵素サプリ 口コミ 効果 55位
サイトタイトル 51位

全体的に50位ぐらいに下がったのか。



どんな落ち方をしたかでやることは
多少、変わってきます。

なので、

まずはどんな落ち方をしたのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^


を確認して下さい。



ちなみにやってない人もいるみたいですが、

GRCには1ドメインで複数ワードを放り込んで
おいたほうが良いと思いますよ。

こんな感じで、

酵素サプリ 273位
酵素サプリ 口コミ 159位
酵素サプリ 口コミ 効果 55位
サイトタイトル 1位

複数ワードを入れておくことで

うわ!
全部下がった!

って感じでドメイン全体の傾向がつかめます。



もちろん、

逆に全部上がった時も

一気に上がったなー
やっとドメインが評価されたんだろうなー

と確認することが可能です。



で、

どんな落ち方をしたのか?

です。

これを確認したら以下のようなパターンに
当てはめながら修正をかけていきます。




アルゴリズムで落ちたパターン


例えば、

酵素サプリ 273位
酵素サプリ 口コミ 159位
酵素サプリ 口コミ 効果 55位
サイトタイトル 1位

こんな感じで軒並み落ちたパターン。



よくあるパターンですが、

単純に、

アルゴリズムに掛かった可能性が高い
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

のではないかなと思います。



グーグルのアルゴリズムは
細かいのも合わせれば250を超えてくるらしい
ですが、

※詳しく知りたい方はどうぞ。英語です
http://xjuet.com/google-ranking-factors.html



あんまり深く学んだ所で報酬が増えるわけ
じゃないので。

あなたが最低限、

知っておいたことがいいことだけを以下に
まとめておきますね。




アルゴリズムで落ちる例


まず昔からある、

記事の質が悪い
パクリとみなされている
リンクの質が悪い

といったアルゴリズムに掛かって落ちたん
じゃないの?

という話です。



Cワードのような。

日本語にならない記事が上がる今現在で、
何を持って記事の質が悪いのかという話は残る
わけですが笑



基本的に

複数の要素と、
それぞれの閾値があって、

あるラインを超えた時に発動するイメージです。

花粉症みたいなもんですね。



後、

グーグルが定期的にいじっている微妙な
アルゴリズムの修正に掛かったのでは?

という話があります。



具体的には

キーワードの比率
関連度
密度
滞在時間
PV

などの250を超えるアルゴリズムのそれぞれの
強さ。

関連度を微妙にかえた結果として順位に影響が
出て飛んだ。

こんな話です。

(今、自社ソフトで密度のテストを何個かして
いますがこれはこれで面白い結果が出るかも
です。なんかわかればまた書きますね。)



そういった細かいアルゴリズムテストの結果、
大きく変える決定をしたら、

なんとかアップデートしました
3%の人に影響出ると推測されます

って発表するわけですね。

パンダとかペンギンとかあぁいったやつです。




で、何に掛かって落ちたの?


という話なんですが、

実際のところ

どのアルゴリズムにかかって落ちたのか?
何が原因なのか?

これを厳密に調べるのは相当手間がかかります。



そしてまた、

どこまでいっても推測の話

というのは残るわけで知的好奇心を満たす意味
ではいいでしょうが、

仕事としてやる意味あんのそれ?

って感じです。

ぱっと考えて答えが出る時は別としてですね。



なので、

アルゴリズムで落ちた時の対応は基本的には
やることだけ決めておいて、

それをやったら一定期間放置する。

それでもムリなら捨てるか載せ替えるか。

このあたりがパフォーマンス的にいいのかなと
思います。




アルゴリズムに掛かったらどうする?


具体的に

アルゴリズムに掛かったかな?

と思ったらどう対処したらいいかというと、

前回の1語で飛んだ時を踏まえてそれに幾つか
の点を追加して確認、修正するイメージに
なるでしょうか。

前回のメール
1語で飛んだ時はどうする?
http://xjuet.com/1go.html




アルゴリズムにかかった時の確認事項


トップページの質、内部リンク
個別記事の質、内部リンクの見直し。

似た記事がドメイン内にないか?
パクられたサイトが上に表示されてないか?
の確認。

アンカーの偏りの確認。

直近に張ったリンクの確認。



確認すべき点はざっくりこのあたりです。

まず、

トップページ
個別記事の質と内部リンクの確認をします。

これは1語で飛んだ時も書いたと思いますが、

上位のサイトを見ながら足りてない内容を
トップと個別に足す。

内部リンクで検索者が回遊できるように
するようにする。

という施策です。




似た記事の確認


次に自分のサイト。

同一ドメイン内に同じような記事がないか。

パクられたサイトが上に表示されていないか。

これを確認します。



同じような記事というのは同一ドメイン内の
比率が近い記事を指してます。

例えば、

間違ってコピペの記事を2つ入れちゃった
エヘヘ

というやつから、

酵素ダイエットのやり方や痩せ方
酵素ダイエットのやり方やポイント

といった内容が似た記事。



この場合だと

酵素ダイエット やり方

のキーワード比率の突出が同じ場合。

こういった場合は1記事にまとめちゃった
方がいいですね。

という話です。



ちなみに、

ワードプレスのカテゴリなどの一部の文章の
被りなどは気にしないでも大丈夫です。




パクリチェック、対策


それとパクリチェックです。

サイトってあなたが知らないだけで
結構パクられます。

で、

あまりにもひどい場合はASPに通報して
止めてもらえばいいんですが、



数が多い、
そこまででもない場合、

その場合はまぁ放置でも順位には影響は
出ないことが多いです。

出ないと思いますが、

経験上、自分のサイトよりパクリが上に
来ている場合は要注意です。



この時は対応しないと、

グーグルにそっちの方が元サイトとして
みなされている可能性があります。

なので、

順位が上がらない原因となります。



その時、やることは2つで

ASPに通報して削除させる
DMCA申請して検索結果から削除する

この両方をやって下さい。

やり方は検索すれば出てくるので必要であれば
調べてみるといいと思いますが、

パクられた側が上にいる。

この時は対応しないとダメということですね。




アンカーの偏り


続いてアンカーの偏りを確認します。

要は同じアンカーでリンクを張りまくって
ないですか?

という話です。



アンカーは狙ったワードの上位表示に
大きな影響を与えますが、

あまり偏りがひどくなるとアルゴリズム。

もしくは手動のペナルティにかかります。



なので、

偏りがひどくないか?を確認して下さい。



あ、後、

合わせて直近に張ったバックリンクのチェック
もするのがいいですね。



どう確認するかというと、

バックリンクのドメインをGRCに登録
タイトルの順位チェック
複数ワードの順位チェック
インデックスチェック

をします。

それで割りとユニークなタイトルなのに
上位に来ていない場合はバックリンクサイトの
ペナルティを疑います。

後は軒並み50位だったら手動を疑います。

(バックリンクに手動が来るケースもあります)



で、チェックした結果、

ペナルティを受けてるぽかったらリンクを外す。

こういう施策が必要です。




アルゴリズムにかかった時の確認まとめ


以上、

アルゴリズムが原因で飛んだかな?

と思ったら、

トップページの質、内部リンク
個別記事の質、内部リンクの見直し。

似た記事がドメイン内にないか?
パクられたサイトが上に表示されてないか?
の確認。

アンカーの偏りの確認。

直近に張ったリンクの確認。



という、

ところをチェックしてはどうですか?

というお話でした。



ちなみに

前も言いましたが飛んですぐ触るのは
やめたほうがいいですね。

最低でも2週間。

できたら1ヶ月ぐらい放置した方が良いと思い
ます。

何もしないで戻ることはよくありますんでね。

ホント。



時々、

リンク貼ったら飛んだんです!
いつ張ったんですか?
昨日です!

って言う人がいますが

んー
多分、それが原因じゃないと思いますよー

って話です。



また逆も同じで、

記事を修正したら1日で順位が上がりました!

って人にも会いますが、

これもやっぱり

修正したことで上がったんじゃないような
気がしますよー

と思います。



経験上、

そんなすぐクローラーって来ないですし、
来てもそんなすぐ反映ってされないです。

(されることもあるんですがまぁ特殊な場合です)



大体がたまたま、

同じタイミングで順位変動が起こっただけだと
思いますよ。







って感じで、

やっとこさ今日の内容の半分ぐらい
来たんですが、そろそろ集中力が切れて来た
頃ですかね。

そこにあるワンカップでも飲んで、
いったん心落ち着けて。

リセットして読んでいただければ幸いです。




手動ペナルティの例


手動の場合は割りとわかりやすく

酵素サプリ 55位
酵素サプリ 口コミ 59位
酵素サプリ 口コミ 効果 55位
サイトタイトル 51位

こんな感じで落ちたらまず、手動ペナルティを疑います。



チェック法は簡単でサーチコンソールに入れる
と1時間以内に

「手動ですよ」

のメッセージが来るので来たら手動。

来なければ手動じゃない。

見分けるのは簡単です。



基本登録してすぐ来ますが、

時々遅れてくることもあるのでとりあえず

50位前後で順位が固定してきたら、
手動を疑ってサチコに登録してメッセージが
来るのを待つ。

そんな対策でいいのかなと思います。




手動だった場合の対策


ついでなんで手動のメールが来ていた時の
対策について書いておきますが、

基本的には

グーグルとやり取りして解除する
別ドメインに載せ替える

のどちらかになります。



で、

実際やってみればわかりますが、

グーグルとやり取りして解除するのは
結構、骨の折れる作業です。



メールのやり取りになるので、
今日送って今日解除されることはないですし、

やり取りの結果、

絶対に解除される保障はどこにもありません。



どっちかと言えば

話の通じない人

なので笑

時間と手間を考えたらドメインを載せ替えた方
が早いのでは?と思います。



やり方は

手動ペナルティ 解除
手動ペナルティ 載せ替え

などで検索すると丁寧に解説したサイトが
出てくるので必要であれば検索してみて下さい。




他の施策


以上、

幾つかのパターンにおいて飛んだサイトへの
対策を載せてきましたが、

他にも

古いリンクを外す
キーワード比率を見直す
タイトルを見直す
アクセスを見直す

などの対策を検討したほうがいい場合も
ありますがその時によって違います。



で、

実はこの間の飲み会でもそんな話に
なったんですが、結局はキーワード次第かなー

と思います。



キーワードが弱ければそんな深く考えなくても
戻りますし、

キーワードが強ければ結構色々対策をとっても
戻らないことは実際、あります。

要は

どれだけパフォーマンスがいいキーワードを
選べているのか?

という話です。




同じことをした時の見返り


パフォーマンスという言葉は色々な意味が
ありますが、ここで言うパフォーマンスとは、

掛けたお金
掛けた時間

に対しての見返りの大きさを指しています。



例えば、

ミュゼっていう商標は上げれば500ぐらい
とれますが上げるまでのパフォーマンスが
昔より明らかに悪くなっています。



単純に競合が増えた結果、

皆、仕方なくしっかりとサイトを作り出した
リンクもちゃんとしたサイトを作り出した

が原因です。



なので、

そこに自分も参入しよう思えば、

同じクオリティに合わせていくのが基本の考え
方になるわけです。



コンテンツ、
リンク資産、

共にです。

周りがそうだから致し方なくですね。



そうすると、

記事を書くのに時間がかかる。
記事を外注するのにお金がかかる。

バックリンクもそれなりのものが必要。
バックリンク記事もちゃんとしたものが必要。

そうなってくるとどんどんコストが嵩みます。

お金、
時間のコストです。



ちゃんと俺は上げきれるぜ!
維持できるぜ!

という人であれば、それだけの投資をすれば
見返りは大きいわけですが、

維持する力がなければ稼ぐ前にサイトが
飛びます。



稼げるワード、
検索ボリュームのあるワードなので、

競合も頑張るから。

そして手動も来やすいからです。




何よりも維持できんのか?


実際、大きいワードでもコストをかければ
上げていくことは可能ですが、

上げるより、

維持する方が今は遥かに難しいので、
維持できないなら狙わないほうがいいですね。



1年掛けて上がったのに1ヶ月で飛んだ。

繁忙期前に飛んだ。

しかも芋づるでリンク1本しか入れてない
サイトも道連れに飛んだ。

あるあるです笑



グーグルの言われるがままに
良いサイト作っちゃったらそういう憂き目に
合うので、

まずは自己中でも良いんで自分が稼ぐことを
優先して考えて頑張る。

それが出来た後、周りの人のために頑張る。

そんな姿勢でいいのではないでしょうか。



いやまぁ、

最初から人の役に立つ良いサイト作ってれば
それでいいんですけどね。

嫌なら頭使えと笑



それでは今日はこのへんで。

ありがとうございました。

近藤




ゴーストCワードPブースト関連の連絡


特にありません。




追伸


この間、

7月から塾やるかも?って書いたら、

その塾、初心者でも稼げますか?

というメールが何通か来てたのでそこで返して
いるお返事を載せておきますね。

とても大切な話かなと私は思っているので、
よかったら読んでみて下さい。

そこにある大五郎でも飲みながら。




ここからお返事

よくいただく質問なので作成途中の販売ページ
から抜粋してお返事させていただきますね。

数が来ているためご容赦いただけますと
幸いですm(_ _)m



Q、初心者でも大丈夫ですか?

A、初心者の方でもお申込みは可能です。

が、

勘違いされて申し込まれたらお互い残念なので、

先に書いておきますが、

普通に考えてバイトで時給1000円もらうのも
アフィリで1件売って1000円もらうのも同じ
1000円には変わりないですよね。

だったら、

1000円稼ぐのに1時間仕事するのと同じぐらい
の頑張りって必要だとは思いませんか?



アフィリの場合、それが

調べること、
記事を書くこと、
サイトを作ること

になるだけの話で、普通のバイトや正社員より
ラクに儲かるとは全然違います。

(長く稼ぎ続けている人はみんな知ってると思います)

ようはそれだけ頑張れば初心者でも
結果は出ると思いますが、頑張らなきゃムリ
だと思います

って話です。

そこをよく考えていただいて、
販売ページをよく読んでご納得いただけるので
あればご検討いただければと思います。

ここまで




そーいう仕事だと思うのですがどうでしょう?

ま、いろいろな意見があると思いますが。