順位が上がる施策(リンクの効きについて)

こんにちは。

近藤です。

サイト飛んでますか?
アルゴリズム?
手動?

どっちにしても飛ぶ時は飛ぶ。

そんなもんなんで悩んでも仕方ないとは
思うのですが、そうはいっても報酬が下がると
いうのは悲しいですよね。

片山なんか

前1000万以上稼ぐ1サイトが飛んだ時、海で
釣りばっかしてましたよ笑

幸いにも

「そうだ!ボクもお魚さんになろう!」

とは思わなかったので今があるわけですが笑

まぁ一時期遊んでリフレッシュして、
頑張る気になったらまた頑張りましょう。

別にしにゃーしないんでなんとかなりますよ
(*´∀`*)

ちなみに

今回はアルゴリズムと手動がセットの変動
だったみたいですが、

面白いのは

リンクゼロのホワイトの人も飛んでいる

という点ですね。

勿論、リンクを見えなくしているだけかも
しれないわけですが、ホワイトで飛んでいる人
も1人や2人じゃないので、

結局、飛ぶ時はどんなサイトでも飛ぶ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということが改めて証明された形でよかった
と思います笑

(ツギハウェルクオマエダ)

半年かけて作って1年で上位表示して3ヶ月で
飛ぶ。

コンテンツは残るとは言え、また戻すのに1年
かかる。

上がったらまたすぐ飛ぶ。

ホワイトなんてバカじゃね?

という話ではなく、飛ぶ時はどんなサイトでも
飛ぶんだから飛んでもいいように

複数サイトを持つ
複数ジャンルをやる
できたら施策を複数持つ

が重要かなと思います。

ということで、

今日は前回のメールの続き、

>商標以外で入れた方がいいタイプの記事と
>いうのが実はあります。

>入れておくと明らかにSEO的な効果を感じる
>はずです。

ということについて補足しておきます。

前回のメールはこちら

サイトに入れた方がいい記事。

それは

アクセスが集まる記事
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。

アクセスが集まりやすい記事をあなたのサイト
内に入れておくことで

ドメインにいい評価を与えますので是非、
意識して入れておきましょう。

以上です。

ありがとうございました。

近藤

追伸

で、終わってもいいんですが、
まぁもうちょっと説明したほうが親切だと
思うので続けます笑

アクセスが来る記事。

「どんなアクセスでもいいの?」

という話なんですが、

例えば

親兄弟親戚友人にスマホで自分のサイトの
アドレスを送りつけて

私が作ったホームページとりあえず見て
感想がほしいの!

と言ったとしてそれが意味があるのかないのか。

また

友達に俺のツイッターのつぶやきのリンクを
クリックしてくんない?ジュースおごるから!

と頼んだ所で意味があるのかないのか。

また姉ちゃんに

スマホでグーグル検索して!
一番上のサイトが俺が作ったサイトだから見て
感想ちょうだい!

といったところで意味があるのかないのか。

結論から言えば

どれも意味があります。

それもアクセス数次第では結構、効果を感じる
ぐらい意味があります。

でも

重要なのは

どこから
どんなアクセスを
どれだけ獲得できるか

が重要なんですね。

どこからのアクセスがいい?

という話ですが、あなたもお気づきのように

検索エンジン
ソーシャル
ブックマーク

こういったアクセスが有効です。

例えば検索エンジンからのアクセスとは

グーグル
ヤフー

といった検索エンジンからの検索アクセスを
指しています。

そしてソーシャルのアクセスとは主に

フェイスブック
ツイッター
インスタ
はてぶ

などのアクセスを指しています。

最後のブックマークからのアクセスというのは
再訪問のアクセスですね。

1度サイトに来た人のアクセスを指してます。

こういったところからアクセスを得ることで
あなたのサイトの評価が上がり、

リンクの効きがよくなるんですね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

送ったバックリンクが効いてない

一昔前。

そうですね2、3年前だと上位表示するために
必要なリンク数は30本程度。

というのが主流でした。

で、

今回の変動で飛ぶ前は50本でも100本でも
飛ばなかったので上がるまで送るという人が
多かったと思うのですが、

実際問題、50本も100本も送った所で、
効いているか効いていないかはわからないわけ
です。

そりゃ手間を惜しまず調べようと思えば
調べられますが、

私たちはSEO業者じゃないのでそこまでする
意味は殆ど無い。

そう考えれば

できるだけ手間なく
低コストで
稼げるワードで上げる

というのが至上命題なわけですが、とはいえ。

中古ドメインからリンクを送っても

あまり動かないなー
上がらないなー

と思うことはあると思います。

そんなときには

記事を触ろうぜ!
そしたら今までのリンクも効いてくるかもよ!

というのは前回お伝えしたと思うのですが、
今回お話しているアクセスもそれと同じ意味が
あります。

どういうことかというと、

アクセスが来ることで

既にあるリンクの効きをよくしてくれます。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そしてまた、アクセスが来ている時にリンクを
送るとリンクの効きをよくしてくれます。

つまり端的に言えば

アクセスが来るとリンクが効く
結果的に順位が上がる

ということです。

だからアクセスが重要なわけですね。

具体的にどうやってアクセスを集める?

ただです。

検索エンジン
ソーシャル
ブックマーク

からアクセスを集めると行っても

実際問題、アクセスを集めるのは思ったほど
簡単じゃありません。

例えば外注に

1日10回異なった時間にツイッターからこの
サイトにアクセスしてください

次にフェイスブック、インスタからも同様に
お願いします。

と依頼してもいいと思いますが、

同じ人が1日10回アクセスしてくることに
対してどれほどの評価があるのか。

仮に自作自演するにしても

結構な数の

地域IP
リファラ
MACアドレス(PC、スマホ固有のもの)

が必要そうだよね。

ということがわかります。

そしてまたこのあたりの機械的判別はグーグル
の得意分野なのですぐバレそうだよね。

ということもなんとなく想像ができます。

そう考えた時に

結局、どうやってアクセス取るの?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という話になるわけですね。

簡単にアクセスを得る手段

ということで、

最期に、ここまで読んでいる勉強熱心で、
近藤大好きなあなたのために

特別に簡単にアクセスを得る方法をいくつか
載せておきます。

知ってることも多いでしょうが

実際、出来てないよね

という場合は是非やってみてください。

アクセスを得る方法1 穴場キーワードを探す

穴場キーワードとは

競合は少ないけど検索数はある。

というアクセスに対する穴場キーワードです。

検索結果は少ないけど検索はされているという
意味でもあります。

一例を上げればあなたがダイエットのサイトを
運営していたとして

芸能人の名前+ダイエット
テレビ番組名+ダイエット方法

というようなキーワードを狙うイメージです。

芸能人名
テレビ番組名

などはアクセスを獲得しやすい代表です。

そこにダイエットの要素が加われば

あなたのダイエットサイトに来た後、他の記事
を読んで何かを買うかもしれない。

買わなくともダイエット関連のアクセスなので
来るだけでも評価が上がりそう。

こういったイメージです。

他ジャンルでも色々応用が効きますよね。

アクセスを得る方法2 ソーシャルで拡散する

次にソーシャルでの拡散です。

これは単純に普通の人が興味を持って

いいね、シェア、リツイート

したくなるようなコンテンツを作って自分の
サイトの個別記事、下層ディレクトリに入れて
アクセスを得る

というイメージです。

先ほどお話した、

フェイスブック
ツイッター
インスタ
はてぶ

などのアカウントを自分で作って定期的に

面白い、
腹が立つ、
悲しい、
誰かに教えたい

など感情的に動くような記事をつぶやいて自分
のサイトにアクセスを集めるわけです。

広告を使うのもいいでしょう。

ちなみに理想は

ダイエットサイトを上げたければ
ダイエットに関係した記事を拡散するほうが
いいでしょう。

でも現実的に難しい場合もあるので、

その場合は

他の人に教えたくなる情報

を中心につぶやいていったほうがいいね、
シェアが付きやすいと思います。

アクセスを得る方法3 外注に頼む

3つ目は外注に依頼するです。

先程、自分や親戚兄弟友達ぐらいの自作自演
じゃ大して効果がないといいましたが、

実際やればわかりますが、全く効果がないわけ
じゃありません。

キーワード次第では普通に効果を感じると
思います。

(弱いキーワードはcワードとリンクで普通に
あがるんであれですが笑)

ただより効果を感じるためには

地域IP
リファラ
MACアドレス(PC、スマホ固有のもの)

の母数が必要です。

つまり、

もっと沢山の人にアクセスしてもらう必要が
ある

ということです。

同じ地域で
同じブラウザで
同じスマホから
ばっかり沢山アクセスがあっても

それはカウントしない。

こんなシステムが普通に走っています。

そう考えた時、

アクセスで外注を使った自作自演をするならば
数を意識して予算を組む必要があります。

例えば大型サイト1サイトで

長期的に月数百万の報酬を取りに行くので
あれば全然費用対が合う施策だと私は思います。

バックリンクなしのホワイト向けの施策です。

あ、後、

近いところでは10人以上のグループを組んで
自作自演をしまくってもいいと思います笑

ただ、まぁ組織的にやると通報のリスクも出る
ので難しいところではありますが。

まとめ

以上、今日のお話をまとめておけば

検索エンジン
ソーシャル
ブックマーク

からアクセスを獲得することがサイトの評価を
上げる。

そしてそれが順位に影響する。

これだけ理解したらOKです。

そしたら

後はどうやってアクセスを集めようか?

穴場キーワード探す?
フェイスブックでも初めてみる?
お母さんに俺のサイト見てと頼む?

と色々と浮かぶはずなので。

浮かんだら実際にやってみてくださいね。

以上です。

ありがとうございました。

近藤

Cワード購入者の方へ

そうそうCワードのバージョンが上がります。

今回は

使用目的
システム

もガラッと変わってほぼ別ソフトなので有料の
バージョンアップとなりますが、

興味があれば

10月31日午前10時頃に送るメール

を見てみてください。

※バージョンアップ版なのでCワード購入者
のみにご連絡します。

※一般販売の予定はありますが少しだけ後に
なります。

ちなみに内容は「穴場キーワード収集」に
関係するソフトです。

興味があればその時間お待ちいただければ幸いです。