最近のサイトの作り方

こんにちは。

近藤です。

先日、

某ASPと片山主催である一定ラインの
成果を出している人だけを招待してセミナーを
しました。

こういうある一定ライン以上の人だけ集める
セミナーの場合、

会場費
懇親会費
特単

このあたりはASP、クライアント持ちで
アフィリエイトメディアは1円も出さないのが
割りと普通なんですが、

今回はそれに加えて

「サイト作成費用まで出る」

というなんとも太っ腹な勉強会となりました。

(作るだけで数万円貰える)

出席人数から考えると優に100万以上出して
いますので、やっぱ儲かっているクライアント
は違うなー

と思ったお話でした笑

勿論、

セミナーも懇親会も勉強になることが多く、
私はクライアントや代理店とアド系の情報交換
が出来て楽しかったですし、

片山はSEOで何か気づきを得たようでした。

やっぱりセミナーは主催するのも行くのも得る
ことが大きいですね。

あ、そういえば、

私と片山がセミナーやったら来たいという方は
いらっしゃいますか?

いたら是非このメールに返信していただいて
教えておいて頂けると幸いです。

やる確率が上がるかもです笑

ということで、大して知りたくもないであろう
近況報告も終わった所で笑

たまには

情報らしい情報でも出しておこうかなーと
思います。

最近のサイトの作り方

という内容です。

サイトの作り方

このあたりの話をしたのは随分前だと
思いますが、久しぶりなのでおさらいして
おくと

SEOのアフィリエイトのサイト作成の流れ
としては

売れる商品選び
キーワード選び
サイト作成
SEO

といった流れでしたね。

まず売れる商品を選ぶ。

そしてその商品を売るキーワードを選ぶ。

その後、実際にサイトを作る。

そしてそのサイトにリンクを貼る(SEO)

こんな流れが王道であり基本です。

で、

この根本的な作り方は今も変わって
いないのですが、以前と比べて少し作り方を
変えた点があります。

もったいぶるほどでもないので
サラサラっとお茶漬けのように行くと、

最近は

トップページにあらゆる記事を詰め込んでいる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という点が以前と比べて変わったところ
でしょうか。

具体的にどこが変わった?

アフィリエイト歴が長い人は

サイトを作った後の更新と言えば個別記事を
足していくこと

を中心に考えていると思います。

例えば、

酵素ドリンクランキング

をトップページでサイトを作れば
個別記事に

酵素ドリンク 口コミ
酵素ドリンク 効果
酵素ドリンク 市販
酵素ドリンク 無添加

といった酵素ドリンクの関連語句で
個別記事を書いていたと思います。

で、これは別に間違いではないと思うのですが、
最近の私の場合は、

酵素ドリンク ランキング

のトップページ内に

酵素ドリンクの人気ランキング
酵素ドリンクの効果について
酵素ドリンクで口コミがいいのは?
酵素ドリンクは市販でも買える?
酵素ドリンクは本当に無添加がいいの?

といった感じで

個別に入れていた内容も全部トップページに
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
持ってきていることが多いです。

なんでそうしてるの?

と聞かれると私はSEOのプロではないので

上位のサイトがそうだから

としか答えられないのですが笑

今の上位サイトを見ていると

トップページのボリューム
キーワード数
関連語句
共起語

を満たしているサイトが多いです。

適当にリンクを張るだけであがるような
弱いワード以外は軒並みそうなっているはず
です。

だから自分もそうしよう。

そう考えて中古ドメインの予算を記事に割いて
トップページを充実させています。

そして、

その後で今まで通りリンクを送ると効きがよく
あがりやすい実感があります。

逆にトップページを他のサイトと比較して
充実できてない場合は

リンクを張っても上がらない
リンクを張っても徐々下がり

になっているのではないでしょうか。

ご自身の狙っているワードの上位サイトを
見てみてください。

きっとあなたのサイトよりもそのワードに
対しての情報量。

文字数が多いはずです。

うわっ!
本当だ!

と思ったのであれば、

関連語句の記事をトップページに入れて
トッページで狙っているワードの上位サイトと
同じように充実させてみてください。

そうすると少し順位に影響が出るはずです。

個別記事も作るなら同じレベルで

そして

どうせ個別記事を作るのであれば、
トップページと同じぐらいちゃんと作った方が
いいのではないかと私は思います。

個別記事と言えば

外注がどっかのサイトをリライトしたような
うっすい記事を入れていくのが

アフィリエイトの定番だったと思いますが笑

最近はそのレベルの記事なら入れない方が
いいように感じます。

薄い100記事のサイトよりも
ちゃんとした記事3記事のサイトの方がいい
時代です。

そしてまた、

ちゃんとした記事3記事のサイトよりも
ちゃんとした記事100記事の方が良い時代です。

その結果として上位に来ているのが
あの邪魔なオウンドメディア。

キュレーションサイトたちです。

(飛べばいいのに)

こういったサイトが上位にいる以上、
それが今は評価されているということですね。

だからとりあえず真似る。

そんな深く考えなくてもそれでいいのかなー
と思います笑

サイトパターン例

一例を載せておきましょう。

例えば、

トップページで狙うワード
酵素ドリンクランキング

個別記事で狙うワード
ベルタ酵素
お嬢様酵素
優光泉
丸ごと熟成生酵素
OM-X

(商品選定は適当です)

とした場合。

トップページは

酵素ドリンクの人気ランキング
酵素ドリンクの効果について
酵素ドリンクで口コミがいいのは?
酵素ドリンクは市販でも買える?
酵素ドリンクは本当に無添加がいいの?

といった感じで酵素ドリンク周りのワードに
色々答えてランキングに誘導する。

ランキング内では公式ページか詳細ページ
に誘導する。

詳細ページはいわゆる商品紹介のページで
該当商品のあらゆるワードを拾う。

例えばベルタ酵素の記事であれば

ベルタ酵素の口コミ
ベルタ酵素の効果
ベルタ酵素の飲み方
ベルタ酵素の解約方法
ベルタ酵素痩せないって噂本当?
ベルタ酵素、楽天、amazonで買える?
ベルタ酵素、買ってみました!

こんな感じで昔は個別記事に分けていた
ような内容を1記事にまとめる。

そうやって1記事にある一定レベル以上の情報
量がある状態でサイト内を回遊させる。

もしくは公式ページに飛んでもらう。

これらをゴールとして最低限必要な記事数で
構成する。

そういうイメージのサイトを作っています。

ちなみに上の構造の例だと

トップページ 1記事
商品の個別記事 5記事

の合計6記事のサイトになります。

3商品ならトップと個別で4記事。

10商品ならトップと個別で11記事といった
感じあなたの商品紹介数に合わせて自由に
変えればいいと思います。

この構造で作っておくとまぁまぁ強いワードで
メインが上がった場合、個別記事の商標も
つられて上がります。

そして

1サイトでトップと個別商標で大きく稼げる
オススメのパターンです。

トップで100万稼ぐワードなら

例えば、

トップページで100万稼ぐワードの場合。

個別商標でもつられて上がれば経験上、
200万から300万は上乗せになると思います。

つまり、

100万のサイトが300万、400万になるという
ことです。

そりゃやった方がいいよねという話です。

そしてまた今、それなりのワードで上にいるの
に個別商標を入れていない場合。

だいぶ取りこぼしているというお話でも
あります。

まぁ1位にいるサイトを触りたくないのは
わかりますが、多少順位が下がり気味の
今なら笑

手を入れてみてもいいのではないでしょうか?

まとめ

今日はサイト構成のお話でしたがどうでした
でしょうか。

知ってるし、やった方がいいのはわかって
るんだけどなー

と思う人もいると思いますが、いざ実践すると
なると意外と面倒笑

結果、

楽なリンクに逃げがちなんて人も結構いるはず
です。

それで今も上がっているのであれば、
それなりのサイトだと思うので、そのままで
全然いいと思うのですが、

リンクを張っても上がらない。
徐々に下がる。

こんな場合はリンクの質を疑うのではなく

自分のサイトと上位サイトを見比べてどこが
違うのか、何が足りないのかを見るように
なさってくださいね。

そこを補えば

今まで張っていたリンクも効いてくる
でしょうしこれから張るリンクも効いて来ると
思います。

少しでも気になる点があれば
1度自分のサイトを見つめ直してサイトを更新
してみてはどうでしょうか?

今日は以上です。

ありがとうございました。

近藤

連絡

特にありません。

追伸1

ちなみに飲み会とかでよく聞かれるので
書いておくと

ゴースト
Cワード

のようなソフトはもう使ってないんですか?
という話ですが、

普通に今日も両方使っています。

ゴーストはバックリンク用記事として。

Cワードは初期サイトの初期の記事で
上がったら削除して差し替え。

(最近はCワードの記事は全部削除して
差し替えています)

両方共、使い方を間違わなければ今でも全然、
使えるソフトなのでお持ちの方は引き続き利用
していただければ幸いです。

何かあれば購入者アドレスからご連絡を
お願いします。

数日でお返事いたします。

持って無くて興味がある方は以下からどうぞ。

ゴーストリライター3
http://xjuet.com/ghost.html

Cワード
http://xjuet.com/cword.html

追伸2

あと、

今日お話したサイト作成のパターンで
商標以外で入れた方がいいタイプの記事と
いうのが実はあります。

だいぶ長くなったので次回に回しますが、
入れておくと明らかにSEO的な効果を感じる
はずです。

興味があれば次回もチェックしてみてください。