ホワイトハットSEO

こんにちは近藤です。

ちょっと前に中古ドメインの商標侵害の警告
メールを貰いました。

海外からです。

訳してみると、

勝手に使うな
さっさと使うのをやめろ
裁判するぞ

ということが、

丁寧に書いてあるわけですが、さすがに無視は
まずいので、一般的には

ドメイン上のコンテンツ削除
ドメイン削除(廃止)
もしくは移管

という流れを踏むことになります。

私も法律は素人なので間違った解釈があるかも
しれませんが、

基本的には商標ドメインであっても、

その商標の目的通り使わない限り、相手が勝手
に失効したものなので大したお咎めも
ないのが現状かなと思います。

ただこれは

こっち側の希望的な観測を含んでいるため、
海外には通じないかもです。

いやまぁ、

jpドメインでも意味不明なことを言ってくる人
はいるわけですが、

それでも突然、英語でメールが来るとびっくり
しますよね。

中古ドメインも個数を取ると、

こういうことは起こりうるので連絡先は明記
しておいた方がいいということですね。

ということで、

今日はホワイトハットについてお話します。

流行りのホワイトハット

個人的にバックリンクを1個も張らない
ホワイトハットなんて後、5年早いと思って
いますが、

意図的に起こすとしたら、

検索キーワード
キーワード比率
共起語
ページ数
IP
滞在時間
表示速度
人気ページ
離脱ページ
ヒートマップ
ページビュー
ユニーク
ページ移動
リンククリック

などを操作すると思います。

操作っていうぐらいなのである程度は
プログラムで操作することを想定していますが、

日々うちのゴミサイトをなんとかコンテンツ
重視っぽいサイトに見せられないか?

見せかけられないか?

ということを、片山と研究しています笑

(そんな暇があれば役に立つコンテンツの
一つでも書いたほうが世のため人のため
だとは思いますが笑)

で、それは多分、

出来ると思います。

既にソフトもプロトタイプはできているので、
後はどの程度の効果があるのか?

どう使えばより効果が出るのか?

を試す段階です。

ちなみにですが上記のような点はブラウザの
グーグルクロームで収集されています。

ご存じない方も多いですが、

グーグルクロームはIEやFirefoxと違い、
googleのものですから、相当なデータが収集
されています。

SEOに神経質な人は

クローム
アナリティクス
ウェブマスターツール
グーグルログイン

このあたりは使わない。

逆に意図的に使うかのどちらかのことはして
いますので、

そう考えてもあなたの想像以上にグーグルに
データは行っていると考えた方がいいでしょう。

で、それを検索順位に使う使わないはグーグル
次第。

使わないですよ
使いませんよ

と言ってるものもあるけど、実際、使われても
こっちにはわからないと。

とまぁ

相変わらずの力関係です笑

プロモーション上手な会社グーグル

前もいいましたがWEB上の検索システムを握る
グーグルを神のように言う信者も結構いますが、

個人的には

グーグルはプロモーションが上手だな-

という印象しかありません。

誤解のないように言えば、

彼らの与えたい印象を私達に植え付けるのが
上手な会社

です。

実際、サイトを作っていても、

日本語を解析する技術はまだまだですし、
リンク構造の分析もサーバーが足りてない感が
あります。

元々、日本語は特殊ですしリンク構造にしても

バックリンクのバックリンクのバックリンクの
バックリンクの解析。

膨大な数です。

「いったい、どこまでやるんだ?」
「その膨大なデータはどこに蓄積するんだ?」

という話ですよね。

結果、

そこまで手が廻らないから手動でペナルティを
課すわけです。

片山が言うにはただのバッチ処理でしょ?

とのことでした。

バッチなのか、ばっちいのか私にはよく
わかりませんが、

実際、アルゴリズムで手が廻らないから
手動ペナをかましてくる。

しかも金が動くジャンルばっかりを狙い撃って。

ということはわかります。

まだまだ全部が全部、機械で行える時代では
ないということですね。

飛んでも載せ替えればいい

さらに言えば私達には

ドメイン載せ替え

という武器があります。

仮に手動ペナを貰っても、

1度、作ったコンテンツは新たなサイトに
載せ替えられます。

新規ドメインに乗せてもいいだろうし、
中古に乗せてもいい。

いずれにしても載せ替えて正しい手順を踏めば
3ヶ月ぐらいで元に戻ります。

そう考えてもホワイトハットじゃないとダメな
理由がない限りは、

まだまだブラックSEOの方がいいのかなと
思います。

何より楽。

そして標準化がしやすいです。

毎日5記事書いて3ヶ月で500記事のサイトを
作ることを否定しませんが、リンク送った方が
早いと思うよ?

あ、後、そんなサイトでもどうせ飛ぶよ?

という話です。

あなたの方向性を1度考えてみてください。

ありがとうございました。

近藤

ゴースト関連の連絡

先日一斉メールしていますが、

6月末までで現在販売中のジャンル別記事
の繁忙期版の方の販売を停止します。

現在の価格が最安値なので

興味があれば月末までにご検討下さい。

ちなみにその中には

今、数百万、1千万以上報酬を上げている
人が参入しているジャンルが2つあります。

だから競合が多いから稼げないよ?

という話ではなく、単価も出るし繁忙期だし
盛り上がる季節が夏秋まで続くから

今からやってみては?

という話です。

稼げるジャンルに入りましょう。

じゃないといつまでも稼げません。

追伸

この間、50人程度のセミナーを主催して、
私と片山ともう1人で話しました。

(猫カフェにも15人ぐらいで行きました)

私も片山も昔は数百人規模のセミナーは
していましたが、最近、疎かだったのでお互い
リハビリがてら、ノリで話しました。

自身を振り返ると

話す内容はともかく出来はイマイチ
だったかなーと思います。

やっぱこういうのは場数を踏まないとダメ
ですね。

追伸2

で、そのセミナーで2つほどでかい情報を
仕入れました。

ホワイトに見せかけるブラックな情報と
クソブラックな方法です。

上位表示できれば数千万単位のキーワードでも
戦える話だと感じましたが、

やはりアウトプットすることが一番の
インプットのきっかけになると感じた出来事
でした。

値段は1000円で会場費で消えましたが笑

楽しかったのでまたやりたいなーと思います。

猫カフェに興味がある人も是非。